外にいる女性

鬱の症状はとっても厄介|生活習慣に支障をきたしてしまう症状改善

ストレスを溜めない

カウンセリング

精神的に起こること

ストレスが溜まりすぎることで、精神的な面でも肉体的な面でもさまざまな症状が出る場合があります。鬱病もその一つです。鬱病にもいくつかの症状があります。精神的な症状や肉体的にあらわれる症状があるのも鬱病の特徴です。精神的な症状では、抑うつ気分、思考力が低下、意欲の低下などが主な症状です。抑うつ気分とは、気分が落ちてしまい、朝がたに抑うつ状態が強く出る場合があります。また、生活している中で、悲しい気分になったり、世の中や自分の将来などさまざまなことに対して何の希望もないと感じてしまうこともあります。思考力の低下では、集中力が低下してしまうことで、仕事や勉強などが気が散ってしまって集中できなくなったり、たいして重要なものでもないことでも決断ができない、また、集中できず注意力が足りずに、周囲の人々の話している内容をすぐに理解することができなくなる場合もあります。意欲の低下では、今までは自分がやっていて楽しかったことや趣味に対してやる気がしなくなったり、テレビやインターネットの情報を見てもそれが楽しいと感じなくなってしまう、また、不安やあせりで落ち着いてじっとしていることができなくなる場合などです。

体に起こること

鬱病で体に出る症状としては、睡眠の異常、食欲が低下したり増加する場合、疲労やホルモンバランスの乱れ、その他にもさまざまな症状があります。睡眠の異常では、なかなか眠れない、また、早朝にいきなり目が覚めてしまう、夜中に何回も目が覚めてしまうなどの症状があります。食欲の低下や増加では、食欲がなくなる、食事をしてもおいしいと感じられない、ダイエットを意識していないのに、体重が減ってしまう、または、過食で体重増加などの場合があります。疲労やホルモンバランスの乱れでは、疲労が抜けず常にだるい、体が重く感じる、性欲の低下や月経の不順などがあります。その他の症状には、頭痛や体の肩、背中、腕、足などのさまざまな部位の痛み、便秘、胃痛、息苦しいなどいろいろな症状がでるのも鬱病の症状になります。このような症状がでてしまい、ストレスの原因となるものを解消、または、自分でストレスの発散をうまく出来ない場合は、病院に通って治療を受けることをおすすめします。また、鬱病の場合には、自分一人で抱え込まずに家族や友人に悩みを相談して、話し相手になってもらうことも大切です。一人で耐えることをせずに周囲の人々を頼ることも重要なポイントといえます。