外にいる女性

鬱の症状はとっても厄介|生活習慣に支障をきたしてしまう症状改善

原因不明の体調不良

青空と医者

鬱にある特徴

原因不明の体調不良が2週間以上続いたら、鬱病を疑ってみましょう。「自分には価値がない」など、気力や自尊心が著しく低下している場合や、物事に関する集中力や思考力が低下していると感じた場合も危険信号です。生活習慣が大きく変化している場合も注意が必要です。食欲の急激な増減や、夜に寝れない、昼に眠くなるといった睡眠障害も、鬱病の典型的な症状です。鬱病を発症するには、精神的なストレスなど、大きな原因があると思われがちです。しかし、実際には必ずしもそうではないのです。ストレスには種類がありますが、精神的ストレスはその中の一つにすぎません。そして、そのほかのストレス、例えば環境要因や身体的なことでも、ストレスは募っていきます。そうしてストレスがその人の許容量を超えることで、鬱病を発症します。症状の改善のためには、十分な休息をすることに加えて、専門的な治療が必要です。専門的な治療の中には、薬物療法と精神療法があります。精神療法の中には、自分で出来るものもありますが、適切に治療するならば、専門医の指示を仰ぐのが良いでしょう。うつ病治療に最も大切なのは、信頼できる専門医を探すことです。そのためには、普段から情報収集をしておく必要があります。

信頼できる医師は

どのような人が信頼できる医師なのでしょうか。それは「治そうとする姿勢が見える医師」です。精神科や診療内科の医師の中には、しばしば誰でも受け入れ、平気で処方箋を出す医師がいます。いつ通院しても診察してくれるのですが、病状が改善することはありません。そのような医師に診察してもらうのは時間とお金の無駄です。適当に近所の心療内科を選んだ結果、延々と通わされて、結果症状が改善しない例はいくらでもあるのです。多少時間と手間をかけても、最初の段階で信頼できる医師を選ぶように努力をしましょう。良い医師はエビデンスを重視します。うつ病治療もエビデンス重視になりつつあります。光トポグラフィー検査や、tms治療など、科学的根拠をもとにした鬱病治療が、日本国内でも普及しつつあります。最新の治療を行っている医師は、そうでない医師よりも医学情報に通じていて意欲も高いため、信頼できる医師と言えます。また患者との意思疎通が良く取れており、投薬治療に固執しない医師や、場合によっては治療を断る医師は良い医師です。治せないと思った場合に、やり方を変えたり、診察を断るのは真剣に患者のことを考えるからです。誰でもどのような症状でも、同じように扱う医師では不安が残ります。