女性

鬱の症状はとっても厄介|生活習慣に支障をきたしてしまう症状改善

症状の疑いがあれば

うつむく男性

うつの内容

鬱の基本的な症状は、自尊心と気力の低下、生活習慣の大幅な乱れがあげられます。基本的に、やる気がなくなったり、自分に自信がない状態が続いたら危険信号だと思ってください。また以前と比較して、生活習慣に大きな変化が起こっている場合も同様です。例えば、食事量が大きく変わったり、極端に眠かったり、寝れなかったりといった具合です。生活のリズムが安定してない状態も注意が必要です。鬱状態になるには、様々な原因があります。基本的にはストレスを原因としますが、ストレスには精神的ストレス、構造的ストレス、化学的ストレス、環境的ストレスなど、種類が豊富にあるのが特徴です。そのため、原因の解明は一筋縄ではいきません。日常における諸々の出来事や環境が、複雑に絡み合っている可能性が高いからです。それに加えて、現代人は我慢の必要がなくなっているため、ストレス耐性が低下していることも、鬱状態に陥りやすい原因です。そのように過去に比べて打たれ弱い人が増えていることと、さらには、打ち方がわからない人が増えたことも原因です。このように、うつの原因は様々ありますが、症状を緩和するためには、まずは精神科や心療内科で医師の指示を仰ぐようにしましょう。

医師の選び方

精神科や心療内科を選ぶ際には、うつ病を専門に研究されている医師を訪ねましょう。精神疾患はエビデンス治療と異なり誤診が多いため、専門医で実績のある人を選ぶのが良いのです。医師選びを間違えると、長期間の通院で費用が嵩む上に、治療効果が得られない、もしくは悪化してしまったということもあるのです。そのような事態を避けるためにも、最初の段階で医師選びを徹底しましょう。例えば著書を出していて、有名になっている人の中にも実績の高い人はいます。ただし、有名であればあるほど、予約が必要で通院が難しいと言えるでしょう。その逆に、著名ではない方でも実績の高い方がいます。おススメはこちらの方です。こちらは比較的簡単に予約が取れます。実績が高く信頼できる医師であれば、初診でも誤診のないようにしっかりと話を聞きます。そして処方箋を出すだけではなく、その症状にあわせて、精神療法など症状に合わせた効果的な治療法を提案してくれます。一度専門医にかかったら、医師を信頼することも大切です。疑うと治療効果が発揮されないことは、医学的にも証明されています。薬や治療法に関しても、自分の判断で変えたりせずに、医師を信頼して鬱の治療に専念するようにしましょう。

原因不明の体調不良

青空と医者

鬱の典型的な症状は、気力・自尊心の低下、生活習慣の著しい変化です。様々なストレスが絡み合い、許容量を超えることで鬱病を発症します。治療は専門医の指示に従う必要がありますが、信頼できる医師を選ぶようにしましょう。信頼できる医師とは、エビデンスを重視する医師や、最新の技術に精通している医師です。

View Detail

ストレスを溜めない

カウンセリング

鬱病の症状には、精神的にあらわれるものと肉体的にあらわれるものがあります。症状もさまざまであてはまる症状がある場合には、ストレスを解消できるように周囲の人々に相談し協力してもらいましょう。もし、改善されないならば、病院での診察を受けるようにしましょう。

View Detail

把握しておきたいこと

背伸びする女性

気分が滅入ることが多くなったと感じるのであれば、鬱病を疑ってみてもよいでしょう。感情部分に障害がおこる鬱病は、治療が長引くことがほとんどです。なので、初期症状の段階で医療機関に足を運びましょう。ポピュラーな疾病になりつつあるので他人事ではなくなるかもしれません。

View Detail

風邪と間違われやすい

笑顔の男性

体の不調が一時的ではなく、長期に渡って現れる場合、さらには内科などでその症状の原因が見つからない場合、鬱病などの精神的病が関係していることがあります。こうした場合、精神科、心療内科を受診するのがベストです。事前にセルフチェックをして受診のタイミングを図っていくのもおすすめです。

View Detail